プライバシーの管理


弁護士弁護士を選ぶ際にはプライバシーの管理をしっかりとしてくれる人を選びましょう。不倫の慰謝料請求というのは特にデリケートな問題を含んでいます。配偶者の不倫について細かいことまで追求していくことになるからです。時には夫婦生活のことまで質問されることもあります。他人には知られたくないようなことも弁護士にはきちんと話をしなければいけないのです。そのため万が一弁護士に話をしたことが他人に知られてしまえば大変なことになってしまうでしょう。

プライバシーの管理を厳重に行っている法律事務所を利用しましょう。たとえば事務所の中がパーティションによって区切られており、他の人達とは隔離された空間の中で話ができるようになっているところは多いです。たとえ同じ法律事務所のスタッフだからといって、その弁護士に話したことが事務所内のスタッフみんなに知れ渡るようなことはありません。自分を担当している弁護士にのみ情報を伝えることができるように工夫してくれる法律事務所を利用しましょう

法律事務所のホームページをチェックすればプライバシーの管理について説明していることが多いです。その説明はきちんと確認しておきましょう。納得できる管理を実施している事務所を利用しましょう。ちなみに、慰謝料問題取扱“弁護士法人アディーレ”では、「プライバシーマーク」付与の認定を受けています。個人情報取り扱いについて適切な保護措置を講じているので、弁護士法人アディーレのような事務所に問合せをしてみてはいかがでしょうか。

人柄を重視する


ハート弁護士を選ぶ際には人柄を重視しましょう。もちろん専門的な知識や経験があり、しっかりとした実績があることは大切です。しかし、弁護士に仕事を依頼する場合には頻繁に会って話をすることになります。その際にはとてもプライベートな領域にまで踏み込まれることもあります。そのため、相手のことを信頼できなければ、すべてを打ち明けることはなかなか難しいでしょう。弁護士が信頼できる人柄であるかどうかはとても重要な問題となるのです。

いくら仕事ができる弁護士だからといっても、話していて不快に感じるような態度や素振りをされてしまえば、そのような弁護士に仕事を依頼したくなくなるでしょう。また、それぞれの相性というものもあります。自然と自分の悩みについて打ち明けることができる弁護士ならば、しっかりと仕事をしてくれる可能性が高いでしょう。

また、同姓の弁護士の方が話しやすいというケースは少なくないでしょう。特にデリケートな話題になると同姓にしか打ち明けられないというケースは多いのです。このように人柄や話しやすさといった点を重視して弁護士を選ぶことはとても大切なことです。これから数ヶ月近くも付き合っていくことになる相手となります。慎重に選ぶべきでしょう。

弁護士選び


女の子もし不倫をされてしまったならば、どうすれば良いのでしょうか。日本には夫婦に貞操義務というものがあります。これは夫婦以外の人と性行為をしないというものです。どのような理由があれ、基本的にそのような行為は許されていません。結婚をしたということは、配偶者とだけ性的関係を持つということが義務付けられているのです。これに違反してしまった場合には、不倫された側が慰謝料請求をする権利があることが法律によって定められているのです。そして、不倫をした側はそれに応じなければいけません。場合によっては不倫相手に対しても慰謝料請求ができることがあります。

それでは慰謝料請求をするためには具体的にどのような行動を取るべきなのでしょうか。本人達で話し合いをして同意を得た上で慰謝料が支払われるということがあります。しかし、これではなかなか上手く決まらないことが多いです。やはり当事者以外の第三者の存在というのは重要です。特に法律の専門家である弁護士ならば、とても頼りになるでしょう。弁護士であれば過去の事例を参考にして相場に近い慰謝料の額を調べてくれます。相手が納得しない場合には、訴訟をすることも手伝ってくれるのです。本人の代理人として弁護士が行動することも可能です。

不倫の慰謝料請求において頼りになる弁護士なのですが、それではどのような弁護士を選ぶべきなのでしょうか。その際のポイントについてまとめました。良い弁護士の選び方を教えましょう。