弁護士選び


女の子もし不倫をされてしまったならば、どうすれば良いのでしょうか。日本には夫婦に貞操義務というものがあります。これは夫婦以外の人と性行為をしないというものです。どのような理由があれ、基本的にそのような行為は許されていません。結婚をしたということは、配偶者とだけ性的関係を持つということが義務付けられているのです。これに違反してしまった場合には、不倫された側が慰謝料請求をする権利があることが法律によって定められているのです。そして、不倫をした側はそれに応じなければいけません。場合によっては不倫相手に対しても慰謝料請求ができることがあります。

それでは慰謝料請求をするためには具体的にどのような行動を取るべきなのでしょうか。本人達で話し合いをして同意を得た上で慰謝料が支払われるということがあります。しかし、これではなかなか上手く決まらないことが多いです。やはり当事者以外の第三者の存在というのは重要です。特に法律の専門家である弁護士ならば、とても頼りになるでしょう。弁護士であれば過去の事例を参考にして相場に近い慰謝料の額を調べてくれます。相手が納得しない場合には、訴訟をすることも手伝ってくれるのです。本人の代理人として弁護士が行動することも可能です。

不倫の慰謝料請求において頼りになる弁護士なのですが、それではどのような弁護士を選ぶべきなのでしょうか。その際のポイントについてまとめました。良い弁護士の選び方を教えましょう。