プライバシーの管理


弁護士弁護士を選ぶ際にはプライバシーの管理をしっかりとしてくれる人を選びましょう。不倫の慰謝料請求というのは特にデリケートな問題を含んでいます。配偶者の不倫について細かいことまで追求していくことになるからです。時には夫婦生活のことまで質問されることもあります。他人には知られたくないようなことも弁護士にはきちんと話をしなければいけないのです。そのため万が一弁護士に話をしたことが他人に知られてしまえば大変なことになってしまうでしょう。

プライバシーの管理を厳重に行っている法律事務所を利用しましょう。たとえば事務所の中がパーティションによって区切られており、他の人達とは隔離された空間の中で話ができるようになっているところは多いです。たとえ同じ法律事務所のスタッフだからといって、その弁護士に話したことが事務所内のスタッフみんなに知れ渡るようなことはありません。自分を担当している弁護士にのみ情報を伝えることができるように工夫してくれる法律事務所を利用しましょう

法律事務所のホームページをチェックすればプライバシーの管理について説明していることが多いです。その説明はきちんと確認しておきましょう。納得できる管理を実施している事務所を利用しましょう。ちなみに、慰謝料問題取扱“弁護士法人アディーレ”では、「プライバシーマーク」付与の認定を受けています。個人情報取り扱いについて適切な保護措置を講じているので、弁護士法人アディーレのような事務所に問合せをしてみてはいかがでしょうか。